エンゲージリング

結婚後は婚約指輪どうしてる?

婚約指輪は結婚式までの間だけ身につけるもので、結婚式後は婚約指輪を外して結婚指輪だけをするイメージはありませんか?
実際に既婚女性にアンケートを取ってみると、やはり半数以上の人が婚約指輪は普段身につけることなく引き出しの奥にしまったままになっているようです。
でも、思い出してください。

彼から初めて婚約指輪を受けとった瞬間のことを。
その瞬間は、まるで自分が世界で一番幸せな女性になったかのように感じていたはずです。
そんな大切な思い出のつまった婚約指輪をしまったままにしておくなんて、なんだかもたいなく思いませんか?

確かに、婚約指輪にはダイヤモンドなどの宝石があしらわれていて、とても高価なものなので、傷をつけたくない気持ちや大切にしまっておきたい気持ちもわかります。
ただ、身につける機会がまったくなくなってしまうと、婚約指輪をもらった当時の二人の新鮮な気持ちまで忘れてしまいそうで…。
せっかく彼から頂いた大切な宝物ですから、身につける機会があればつけたいと感じている女性も少なくないはずです。

では、婚約指輪をつける人はどんな時に身につけているのでしょうか?
結婚後に婚約指輪をつける場合、一般的には結婚指輪と重ねて左手の薬指につけることが多いようです。
一番つける人が多い場面は、友人の結婚式に出席をした時です。

ドレスの華やかな姿に、重ね合わせた指輪が豪華さを加えてくれます。
他には、お子さんの入学式や卒業式、パーティーなどのイベントの際につける人が多いようですね。
また、ご主人とのデートや食事に出かける時につける人も多いようです。

結婚記念日などのご主人との特別な一日に身につけることで結婚当初の気持ちを思い出し、さらに愛情を深まるめることができるようです。
また、イベントや特別な日以外でも、女友達と食事をする時につける人もいるようですね。
ダイヤモンドがリングに埋め込まれているタイプの婚約指輪の人は、普段つけていても洋服に引っ掛けたりします。

その結果、ダイヤモンドが取れたりする心配が少ないので日常的につけている人も多いようです。

日常的につけている人は婚約指輪を選ぶ時から、結婚指輪との普段使いを考えたデザインを選んでいる人が多いようですね。
たとえば爪がついている婚約指輪や、リングの形状が結婚指輪と合わない婚約指輪を持っている人、または普段使うには難しいような豪華な指輪を持っている人も重ねて使えるように指輪をリフォームする方法があります。

実際に結婚後しばらくして、指輪のリフォームを依頼される人も少なくないようです。
あげた側のご主人も、引き出しの中にしまわれた状態よりも、奥さんが指輪をつけている姿が見られた方がうれしいですよね。
これから婚約指輪を選ぶのでしたら、結婚後の使い方を考えて結婚指輪と合わせることのできる婚約指輪を検討してみてはどうでしょうか?

Menu