エンゲージリング

いつも身につけていたい婚約指輪

婚約指輪を検討するときに最初に考えることが、婚約指輪そのものを贈るかどうかです。
結婚指輪のように普段つけるものではありませんし、結婚式を挙げるまでの短い期間にしかつけることがないので、これから色々な費用がかかる時期に必要ないのでは?と考えるからです。
しかし、婚約指輪には結婚を決めた男性の決意や愛が込められています。

また、婚約期間にしか贈られることのない大切な指輪ですから、是非、彼女のためにも贈ってほしいものです。
婚約指輪を結婚後につけてはいけないという決まりはありません。
もったいないと感じて購入を諦めるのでしたら、普段もつけることのできる婚約指輪を選べば良いのではないでしょうか?

では、普段使いのできる婚約指輪にはどのようなものがあるのでしょうか?
最近、人気が高まっているのが、婚約指輪と結婚指輪を重ねてつける“セットリング”です。
婚約指輪を普段もつけたいという人が増えたことからセットリングを購入する人が多くなったようです。

商品のバリエーションも多く、使うシーンや好みに合わせた様々なセットリングが用意されていますので、満足のできる婚約指輪を見つけることができるでしょう。
それでは、普段も身につけたいと感じるためにはどのような婚約指輪を選べば良いのでしょうか?
まず、一番大切なことは気に入ったデザインの指輪であることです。

どんなに高価でデザイン性の高い指輪であっても身につける本人が気に入っていなければ、普段も身につけたいとは思いません。
次に大切なことは、つける本人に似合っている婚約指輪を選ぶことです。
そのためには、普段のファッションや彼女の雰囲気に合った婚約指輪を選ぶことが大切です。

フェミニンな雰囲気の彼女には、太めのしっかりとしたリングよりもキャシャで曲線のあるリングの方が似合いますし、カジュアルなファッションをした彼女でしたら、大きなダイヤモンドがあしらわれたリングよりもシンプルなデザインのリングの方が似合うことでしょう。
また、どのようなシーンで婚約指輪をつけることが多いかをイメージすることも大切です。

レストランやパーティーなどの場面でつけることが多いようでしたら、ダイヤモンドをふんだんにあしらったゴージャスで華やかなリングが似合いますし、仕事中につけるようでしたら、爪のあるリングよりも、リングにダイヤモンドが埋め込まれたシンプルなデザインを選んだ方が良いでしょう。
婚約指輪を普段も身につけていたい場合は、つける彼女のライフスタイルをイメージすることが大切です。

ライフスタイルや彼女の好みに合った婚約指輪でしたら、引き出しにしまわれることもなく長く使い続けることができるでしょう。
ただ、ライフスタイルや似合うスタイルは年齢とともに変わってきます。
もし、違ったイメージに変えたいようでしたらリフォームをして長く身に付け続けることをお勧めします。

Menu