エンゲージリング

婚約指輪人気のデザイン

これから婚約指輪を選ぶ男性にとって。
人気のデザインを知ることはとても参考になりますよね。
指輪などのジュエリーはファッションのように流行の流れが早くないので、長く同じデザインが愛され続けていることが特徴です。
大まかなに見ると人気のデザインに変化はありませんが、最近ではシンプルなデザインから少し華やかなデザインへと移行してきているようです。

婚約指輪で人気の代表的なデザインは“ソリテール”“メレ”“パヴェ”“エタニティ”の4つに分けることができます。
それでは、それぞれの順位と特徴を見ていきましょう。

1位:ソリテール 約40%
婚約指輪の基本のデザインであり、昔から一番愛されているデザインです。
ソリテールとは音楽で使われる“ソロ(独走)”と言う意味からつけられており、中心に一粒のダイヤモンドをあしらったシンプルなデザインが特徴です。
リングのデザインも豊富にあり、ダイヤモンドを支える爪のあるタイプと、爪がなくリングにダイヤモンドが埋め込まれたタイプなどもあります。

2位:メレ 約30%
中心のダイヤモンドの脇にメレという小さなダイヤモンドが数個添えられているデザインです。
最近では、中心のダイヤモンドの脇にピンク色のついたメレを配置するデザインがあり、人気が上がっているデザインです。

3位:パヴェ 約13%
パヴェとはフランス語で“石畳”を意味しており、その名前の通り小さなダイヤモンドをパヴェセティングと呼ばれる方法でリングに敷き詰めたデザインです。
中央に配置されたダイヤモンドを、周りに敷き詰められたダイヤモンドがさらに豪華に引き立ててくれるデザインです。
こちらも近年人気が上がっているデザインです。

4位:エタニティ 約10%
「婚約指輪にもなるエタニティリング」でもご紹介させていただいていますが、小さなダイヤモンドを隙間なく敷き詰めたデザインになります。
ダイヤモンドが途切れることなく並んでいることから、英語で“永遠”を意味するエタニティと言う言葉をとってエタニティリングと呼ばれています。

昔から順位の大きな変動はありませんが、最近の傾向としてシンプルなデザインから少し個性的で華やかなデザインへと人気が変わりつつあるようです。
一番人気のソリテールは以前より人気が落ちており、メレやパヴェといった中心のダイヤモンドの他に小さなダイヤモンドが散りばめられた華やかなタイプが人気のようです。
ソリテールの中でも、爪がなくダイヤモンドがリングに埋め込まれたタイプよりも、爪でボリュームのあるダイヤモンドを支えているタイプの方が人気があります。

リングについては、ただ直線的なかたちではなく、少しカーブなどのデザインがあるリングを選ぶ傾向があるようです。

Menu