エンゲージリング

婚約指輪にもなるエタニティリングとは

“エタニティリング”とはリング全周に同一サイズのダイヤモンドが埋め込まれた指輪のことを言います。
ダイヤモンドが途切れることなく並んでいることから、英語で“永遠”を意味するエタニティと言う言葉からとって、エタニティリングと呼ばれています。
エタニティリングには“永遠に途切れることのない愛”という意味が込められています。

エタニティリングは、リングの全周にダイヤモンドが埋め込まれた“フルエタニティ”が一般的です。
サイズ直しのしやすさやコスト面を考えてリングの半周程度にダイヤモンドが埋め込まれている“ハーフエタニティ”も人気があります。
一般的には、10年目の結婚記念日や子供が生まれた記念に夫から妻へ贈る指輪として使われています。

リングと同一面にダイヤモンドが埋め込まれているエタニティリングは、衣類にダイヤモンドが引っかかる心配も少ないため普段使いしやすくしてあります。
華やかさもあるので結婚指輪として贈られるケースも多いようです。
また、婚約指輪と結婚指輪を重ねづけして使いたい人の中には、婚約指輪にエタニティリングを選ばれるケースも少なくないようです。

エタニティリングは、どこの面から見ても美しいダイヤモンドの輝き感じることができるので、とてもゴージャスで上品な指輪です。
リングに埋め込めこむことのできる比較的小さなダイヤモンドが並んでいるので、主張をしすぎず、普段使いとして指輪をはめていても違和感が少ないことも特徴のひとつです。
ダイヤモンドがリングの全周または、半周に埋め込まれていて見た目がとても華やかな上に、小さなダイヤモンドを使用しているため価格を抑えることができるのも魅力的です。

婚約指輪の購入を考えていて、価格は抑えていけれども華やかさは欲しいと考えている人にはおすすめの指輪になります。
また、結婚指輪と婚約指輪との重ねづけを考えている人は結婚指輪とのリングの太さなどのバランスや、色、デザインについても注意が必要です。
できれば、同じショップで購入するようにするか、婚約指輪を選ぶときに結婚指輪のデザインを考慮して考えると良いでしょう。

普段、重ねづけをして使う予定のない人でも、重ねつけのできる指輪を選んでおくと、ちょっとしたパーティーや結婚式につけていくことができるのでとても便利です。
ただ重ねてつけているだけでも、とてもゴージャスで目を引きますから、この機会に検討をしてみても良いかもしれませんね。

Menu