エンゲージリング

女性が憧れる婚約指輪の意味

男性が彼女との結婚を考えたときに、最初に頭に浮かぶのが“婚約指輪”の購入ですよね。
婚約指輪は結婚までの短い期間にしかつけることのない指輪です。
その後、結婚指輪も贈ることになるのですから必要ないのでは?と考える人もいると思います。

それでも、婚約指輪を贈る人が多いのはなぜでしょうか?
婚約指輪とは正式には“エンゲージリング”と言い、結納の時に男性から女性へと結婚の約束として贈られる指輪のことです。
今では、渡すタイミングは結納の時に限らずに、プロポーズの時に渡したり、一緒に選んで購入したりするカップルが増えています。

婚約指輪は結婚を約束するための指輪ですが、男性から女性へ“これから一生、君を大切にしていく”と言う気持ちをかたちに表したものでもあります。
そんな男性の気持ちを受け止めた女性は、婚約指輪をはめることで結婚への心構えをします。
きっと、婚約指輪を見るたびに男性の愛情を感じ、日々幸せな気持ちで結婚の日を迎えることでしょう。

また、婚約指輪は結婚をする2人の気持ちだけではなく、指輪をつけることで周囲の人に結婚の意思を伝える意味もあります。
婚約指輪をつけることで、その人が結婚を控えていることを意識させることができるのです。
また、男性から頂いた婚約指輪をつけている娘の姿を見た両親は、男性の女性への誠実な気持ちが伝わり、これからの二人の結婚生活を安心することができるでしょう。

これから結婚式や新しい生活を控えて資金が必要な中、“給料の3ヶ月分”とも言われる婚約指輪を購入することは、決して安い買い物ではありません。
金銭的な理由から「婚約指輪はいらない」と言う女性もいるでしょう。
しかし、それは本心でしょうか?

女性でしたら、きっと婚約指輪は欲しいと思っているはずです。
婚約指輪をもらって嬉しくない女性はいません。
彼のことを考えて遠慮をしている可能性もあります。

婚約指輪だからと言って、決して給料の3ヶ月分もする高価な指輪を買う必要はありません。
彼女に気持ちが伝わればそれで良いのです。
これから、一生大切にしていくという気持ちさえ込もっていれば、その婚約指輪は必ず一生の宝物となるはずです。

婚約指輪は結婚までの短い期間しかはめることのない指輪ですが、婚約指輪は、贈る男性にとっても、結婚までつけている女性にとっても、とても大切な意味を持ちます。
必要ないなどとは考えずに、愛する人のために婚約指輪を贈ってみてはいかがでしょうか?

Menu