エンゲージリング

婚約指輪をあげる男性の心理

女性にとって婚約指輪は一生に一度の思い出となる大切な宝物です。
一方、贈る側の男性にとって婚約指輪とはどのような意味を持つのでしょうか?
男性が婚約指輪を渡すタイミングで一番多いのがプロポーズの時です。

男性にとってプロポーズは一世一代の大仕事であり、一生の中で一番緊張をする瞬間と言っても過言ではありません。
今まで結婚の話をしたことのある彼女でも、正式にプロポーズをするとなると「本当にOKしてくれるのか?」「指輪は喜んでもらえるのか?」など心配と緊張で心臓はドキドキのはずです。
ましてや、付き合って浅い彼女や、結婚を受けてくれる確証のない彼女にプロポーズをするのでしたら、もしかすると断られて婚約指輪が無駄になる可能性もあります。

プロポーズの時に指輪があるのと無いのとでは、受け取る側の女性にあたえる印象が違ってきます。
プロポーズの時に指輪がない場合、プロポーズの伝え方によっては話が曖昧になってしっかりとした返事を聞けない場合があります。
婚約指輪があれば、女性にも確実にプロポーズの意思を伝えることができ、女性は答えを出しやすくなります。

また、長く付き合っているカップルにとって、結婚のタイミングは難しいものです。
男性が婚約指輪を贈ることで結婚の良いきっかけにもなりますよね。
男性にとって婚約指輪は、プロポーズ成功の鍵を握る頼もしいアイテムとも言えるのです。

また、男性が女性に婚約指輪を贈る時に一番気にすることは、贈った指輪を女性が気に入ってくれるかどうかです。
結婚を決めるほど大切な女性ですから、出来れば喜んでほしいと思いますよね。
しかし、男性がひとりで指輪を選ぶことは、そう簡単ではありません。

普段から彼女の趣味を熟知している彼でしたら良いです。
大抵の男性がどのようなデザインにしたら良いのか相当迷うそうです。
あるアンケート結果では、約60%の男性が、婚約指輪は出来ることなら彼女と一緒に選ぶに行きたいと考えているようです。
一生に一度の贈り物ですから、出来れば彼女が喜ぶ指輪を贈りたいと思うのが男性の心理のようです。

また、現実的なところで男性が考えるのは、金銭的な理由から婚約指輪を贈るかどうかです。
あるアンケートでは、約70%の男性が婚約指輪を購入したいと考えていて、残りの30%の男性が内心は購入したくないと考えているようです。
これから結婚指輪を買うことや、結婚式をあげることなどを考えると、婚約指輪は決して安い買い物ではありません。

実際、経済的に厳しい人も多いですよね。
彼女が喜ぶ指輪を贈りたいと思う一方で、現実的な悩みも出てくるわけですね。
男性にとって婚約指輪を女性に贈ることは、つまり結婚の決意を表します。

これから彼女だけを愛し続けるという証でもありますし、自分が贈った婚約指輪をつけている彼女を見ると責任感がわきより大切にしたいと思えるものです。
金銭的に難しい場合に、無理をして必ず買わなければならないものではありませんが、プロポーズの成功や結婚後の二人の関係を考えるとできれば贈りたいものですよね。
どうすれば良いのか悩んだ時は、さりげなく彼女に相談をしてみましょう。

これから一生を共にする彼女ですからきっと話を聞いてくれるはずです。

Menu