エンゲージリング

金属アレルギーチェックも忘れないで!

婚約指輪は愛する人から贈られた大切な指輪です。
最近では、結婚後も結婚指輪と合わせて日常的に身につける人が増えてきています。
ただ“金属アレルギー”を持っている人は婚約指輪に含まれる金属に反応をして、晴れやかぶれなどのアレルギー反応が起こる可能性があります。

せっかくもらった大切な婚約指輪…。
出来れば身につけていたいですよね。
金属アレルギーは、実は根本的な原因がまだ見つかっていません。

つまり、一度金属アレルギーにかかってしまうと完全に直すことが難しいのです。
金属アレルギーを起こさない一番の方法は、アレルギー反応の出る金属を身につけないことです。
金属アレルギーには様々な種類があり、全ての金属を全く受け付けない人もいれば、金だけに反応する人もいます。

一部の金属にのみアレルギーの反応が出るようでしたら、その金属を含まない婚約指輪を選べば良いのです。
最近ではジュエリーショップなどでもアレルギーに対応した婚約指輪を扱っていますので、気になる人は店員さんに相談をしてみると良いでしょう。
また、今まで金属アレルギーの反応が出なかった人でも婚約指輪をつけたことがきっかけでアレルギー反応が出る場合があります。

金属アレルギーが起こる原因は、金属などが汗に溶けてイオン化し、それが皮膚から体内に取り込まれることによって起こると言われています。
つまり、汗のかきやすい状況で長時間指輪をつけ続けると、金属アレルギーになる可能性が高まるのです。
金属アレルギーになることを事前に防ぐためには、汗で金属が溶けづらい状況をつくることが大切です。

結婚指輪や婚約指輪を外さずに一日中つけたままにしている人が多いですが、長時間つけておくことで汗が金属に染み込みイオン化しやすい状況になります。
汗をかいたときはこまめに指輪を外して水分を拭き取り、入浴や水仕事をする時、就寝の時などは外した方が良いでしょう。
また、指輪を外した時に無くすことのないように、指輪を置く場所をきちんと決めておくことも大切です。

また、金属アレルギーのならない方法として、汗に溶けてイオン化することの少ない金属を選んで婚約指輪をつくる方法もあります。
一番イオン化しやすい金属はニッケルになり、他にコバルト、スズ、パラジウム、クロムもイオン化しやすいと言われています。
金やプラチナは、これらの金属と比べるとアレルギーが出る可能性が少ないと言われています。

ですが、100%金やプラチナでできている指輪は少なく、プラチナ900は10%ほどのパラジウムが含まれていますし、金も18金であれば25%は他の金属を含んでいます。
ですから、プラチナや金の婚約指輪を選ぶ時は、アレルゲンになりにくい金属が含まれたものを選ぶと必要があります。
たとえば、プラチナならイリジウム、金の場合はチタン合金と組み合わせたものが良いと言われています。

純度の高い金やプラチナを使った婚約指輪もありますが、金やプラチナ自体もまったく汗にとけない訳ではなくアレルギー反応が出る場合もあります。
せっかくもらった婚約指輪をつけることができなかったら、本当に残念ですよね。
金属アレルギーの症状を起こさないためにも、自分がどの金属にアレルギーが出やすいのかを知っておく必要があります。

今では、パッチテストなどを行って金属アレルギーを起こす原因物質を調べてくれる病院も増えています。
ですので、婚約指輪を選ぶ前に皮膚科やアレルギーの専門医で調べてもらうことをお勧めします。

Menu