エンゲージリング

結婚前の最後で最大のプレゼント

婚約指輪は結婚前最後で最大の贈り物です。
結婚指輪と比べて婚約指輪は身につける機会が少ないですし、必ず贈らなければならない決まりがあるわけでもありません。
中には、それほど重要に感じていない人も少なくないかもしれませんね。

しかし、それでも婚約指輪を彼女に贈るのはなぜでしょうか?
それは、婚約指輪には結婚指輪にはない特別な思いが込められているからです。
婚約指輪は、男性が愛する女性へ「結婚の誓い」と彼女への「愛」を表現する最高の贈り物です。

受け取った女性は、彼との結婚を決意し結婚式を挙げるまでの期間を大切に過ごすことができます。
婚約指輪を眺めるたびに、彼の愛情を感じ、結婚後の二人の生活を思い描くことでしょう。
一方、贈った側の彼も、婚約指輪を贈ることで彼女への愛情と責任が芽生え、自分の贈った婚約指輪を身につけている彼女を見る事があります。

そのたびに彼女を愛おしく感じ、一生守り続けるという思いをより強くすることでしょう。
婚約指輪は決して安い贈り物ではありません。
これから結婚指輪の購入や結婚式費用、新居に移る費用など様々なお金が必要になります。

そんな中でも婚約指輪を贈るのは、それが決まりだからでも義務だからでもありません。
これから一生を共にする二人が最後に愛を確認し合う大切な贈り物だからです。
今まで、たくさんのプレゼントを彼からもらっていたとしても、婚約指輪には他のものには代え難い特別な思いが込められています。

婚約指輪を受け取った瞬間のことは、女性にとって一生の宝物となるのです。
結婚をして長い時間を一緒に過ごしていると、彼のことをうっとうしく思うこともありますし、喧嘩をすることもきっとあるでしょう。
でも、そんな時に婚約指輪を見ることで、婚約指輪を受け取った時の二人の純粋な気持ちを思い出すことができます。

婚約指輪を見るだけで素直な気持ちになることができ、彼との仲直りを決意する人も多いようですね。
婚約指輪とは結婚前にこれから人生を共にする女性に贈る最後の贈り物…。
人生最大の喜びを感じた瞬間の贈り物です。

結婚式を終えて、二人の生活が始まるとだんだんと当時の気持ちを忘れてしまいがちです。
ですが、結婚前最後に贈られた婚約指輪はその当時の気持ちを思い出させてくれる唯一のものです。
婚約指輪は、当時の二人に戻ることのできるタイムマシーンのようなアイテムなのかもしれませんね。

Menu