エンゲージリング

プロポーズするときに婚約指輪は必要?

「プロポーズをするときに婚約指輪は必要かな?」そんな質問を以前受けたことがあります。
結婚を心に決めた女性がいる男性にとって、プロポーズは運命を左右する一大イベントです。
プロポーズをする誰もが成功をして欲しいと心から祈っているはずです。

そんな男性にとって、プロポーズの時に婚約指輪を渡すかどうかは悩ましい問題です。
婚約指輪を渡すことでプロポーズが成功するなら彼女に渡したい…。
でも彼女の指輪のサイズがわからない…。

どんな指輪を選べば良いか見当もつかない…。
お金がなくて給料の3ヶ月分の婚約指輪なんてとても無理…。
など考え始めると悩みは尽きませんね。

それでは、女性はどのように考えているのでしょうか?
あるアンケート調査では、プロポーズを受けたことのない女性の60%以上の人がプロポーズのときにプレゼントが欲しいと回答したそうです。
もちろんその中に婚約指輪も含まれていますよね。

私の見解だと、女性にとっての憧れのプロポーズのトップ3には、必ずプロポーズの時に婚約指輪を差し出されるシーンが入っています。
愛する男性が女性の前でひざまずいて、婚約指輪を差し出しストレートに「僕と結婚してください」と伝える。
定番ですがこれが女性の胸にズキュンとくるのです。

だからと言ってどの女性にもプロポーズの時に婚約指輪が必要という訳ではありません。
たとえば、普段からアクセサリーにこだわりを持っている女性は、自分で婚約指輪を選びたいと思っている人が多いからです。
実際、プロポーズの後に男性が選んだ婚約指輪を買い直した、なんてケースもあるようです。

女性の中には、プロポーズ自体に憧れを抱いていて、彼が選んだ指輪ならなんでも受け入れるという女性と、自分好みの婚約指輪を男性と一緒に選んで購入したいと考えている人がいます。
婚約指輪を贈る側の男性は、それを見極める必要がありますね。
普段の生活から読み取れないようでしたら、さりげなく聞いてみるのも良いかもしれません。

また、実際プロポーズを受けた人にとったアンケートでは、プロポーズを受けた人の内、約25%しかプレゼントをもらっていないという現実もあります。
プロポーズは必ずしも計画的に行われるとは限りません。
その場のムードや気持ちの高まりで突然プロポーズをすることだってあります。

そんな時に婚約指輪をプレゼントすることは難しいですよね。
女性がプロポーズの時にプレゼントが欲しいと感じている一番の理由は、サプライズでロマンチストなプロポーズを受けたいからです。
それが、必ずしも婚約指輪である必要はありません。

バラの花束でも良いですし、満天の星空をプレゼントされてもうれしいのです。
ただ、ほとんどの女性が婚約指輪を欲しいと感じている現実は変わりません。
プロポーズの時に渡すことができなくても必ず用意したほうが良いでしょう。

婚約指輪を女性に渡すことで男性から女性への愛と誠意を示すことができるからです。
婚約指輪をもらわなかった女性の多くが「やっぱり欲しかったな…」と感じています。
婚約指輪には、多少無理をしてでも用意するだけの価値があるのです。

Menu