エンゲージリング

婚約指輪をもらう女性の心理

男性にとっての婚約指輪と、女性にとっての婚約指輪への思いには大きな違いがあります。
もちろん男性にとっても大切なものではありますが、あまり婚約指輪自体を重要視していない男性が意外と多いようです。
それに比べて、女性にとっての婚約指輪は大きな意味を持っています。

ほとんどの女性が受け取る婚約指輪のデザインやシチュエーションに自分なりの理想を描いていることが多いのです。
日常の会話の中で、婚約指輪の話題が出ることは少ないですから、女性の気持ちに気がつかない男性が多いことはよく分かります。
しかし、一歩間違えると最高の幸せをあたえるはずが、女性が一生後悔をして過ごしてしまう可能性もあるのです。

結婚する前の男性に、はっきりと思いを伝えられない女性も多いですから、彼女の気持ちをいかにくみ取ってあげられるかが重要になります。
まず、大切なのが婚約指輪を贈るタイミングです。
女性はサプライズが大好きです。

「そんなの恥ずかしい」と口にしている女性でもサプライズを演出されて嬉しくない女性はいません。
また、贈る婚約指輪の内容も重要です。
ほとんどの女性がダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪を希望しています。

中には欲しいブランドを心に決めている女性もいますし、デザインをイメージしている女性もいます。
サプライズを演出するために、内緒で男性が婚約指輪を購入することもダメではありませんが、その場合は好きなブランドやデザインを入念にチェックする必要があります。
それが難しい場合は、プロポーズの時には婚約指輪を用意せずに花束などの贈り物をして、指輪は彼女と一緒に選びに行ったほうが良いでしょう。

婚約指輪が出来上がったら、改めてレストランなどのムードのある場所で婚約指輪を渡せば良いのです。
女性は友達同士で集まってガールズトークをすることが大好きです。
その中でプロポーズの言葉や、婚約指輪をもらったタイミングなどを必ず聞かれます。

その時に自慢のできるエピソードがなければ、女性を悲しい気持ちにさせてしまいます。
そして、女性とは根に持つ性質があります。
結婚当初は大好きな彼から受け取った指輪ですし、婚約指輪のデザインや受け取るシチュエーションに対して文句のなかった彼女も。

長い年月たち、色々な人と話をしていく中で、婚約指輪のデザインやサプライズがなかったことに不満を感じる人も少なくないのです。
何年も経ってから「あの時本当は…。」なんて文句を言われたら嫌ですよね。
サプライズを演出して婚約指輪を贈ることは、大変な労力とお金がかかりますが、今後の結婚生活をうまく進めていくためにとても大切になってくるのです。
婚約指輪の基本はしっかりおさえておきましょう。

Menu